ビジネスメールでは、最初に必ず「宛名」を書きます。宛名があれば、迷惑メールや間違いメールと勘違いされる恐れもなくなります。また、手紙でも宛名は必ずありますよね?その宛名の書き方について紹介します。

宛名の書き方

宛名は必ず一行目に書きます。構成は、「社名 + 部署名 + 役職 + 名前 + 様」です。名前は苗字だけでもかまいませんが、フルネームのほうがていねいな印象を与えます。役職がない場合は、部署名に続き名前を書きます。
□□株式会社 営業部 第1営業課 課長 □□ □□様

団体あてで個人名がわからない場合

団体あてで担当者の個人名がわからない場合には、「御中」をつけます。個人名につける「様」の代わりなので、個人名を書く場合には必要ありません。
□□株式会社 営業部 第1営業課御中
また、担当者がわからない場合に、「ご担当者様」としてメールを送ることも可能です。
□□株式会社 営業部 第1営業課 ご担当者様

複数にメール送る場合

同じメールを複数の人に送る場合には、「各位」を使います。この場合、「各位様」とするのは間違いです。各位は皆様方という敬称ですので「様」は必要ありません。
報道関係各位

□□□プロジェクト担当各位

代表アドレスにメールを送る場合

ホームページやパンフレット等に記載された代表アドレスにメールを送る場合には、どの部署にあてたメールなのかを明示します。
□□株式会社 広報部御中

□□□百貨店 紳士服売り場 ご担当者様

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ JRANK人気ブログランキング