メールは、同時に複数の人に送信することができます。メールの送信先には、宛先(To)だけでなく、Cc(Carbon Copy)とBcc(Blind Carbon Copy)があります。To・Cc・Bccのそれぞれの意味を理解し、To・Cc・Bccを使い分けてメールを送信するようにしましょう。

To(宛先)

To(宛先)には、メールを送る相手のメールアドレスを入力します。「あなた宛てのメールです。返事をください。」という意思表示です。基本的には、1名を指定します。

To(宛先)に複数人を入れる場合

To(宛先)には基本的に1名を指定しますが、担当者が複数の場合などは、全員To(宛先)にメールアドレスをいれて送付することもできます。

Cc

本来の送付先ではないけれども、関係する人に対して、参考までに情報を通知する場合などに使います。Toに指定した相手にも、Ccに誰が入っているか(誰に送信しているか)が分かります。

従って、受信者相互のアドレスが知れていい場合にはCcを使用しましょう。「念のため、ご覧ください」「共有してください」という意思表示です。複数の人が関わる仕事の時によく使われます。

Ccの人も宛名を書く

Ccで送る場合にも、本文の冒頭の宛名部分に、To(宛先)の下に「Cc:□□様」と明記しましょう。このように表記することで、To(宛先)の人にも、Ccで送っていることを明確に伝えることができます。

Bcc

Ccと似ていますが、Bccに指定したメールアドレスは、To・Ccに指定した相手からは見えません。つまり誰に送信しているのか分かりません。従って、To(宛先)やCc受信者に、他の受信者がいることを隠したい場合や、受信者のメ-ルアドレスが分からないようにして送りたい場合は、「Bcc」を使用しましょう。

「ToやCcの人には知らせませんが、ご覧ください。」という意思表示です。

一斉送信の場合

Bccを使うもうひとつの場合があります。互いに面識のない複数の人に対して一斉にメールを送るときです。この場合には、冒頭に一斉配信のためBccで失礼いたしますと一言入れたほうが親切です。

To・Cc・Bccを使い分けよう

To・Cc・Bccの違いを知るのは、基本中の基本です。それぞれの特徴・特性を理解して使い分けることがビジネスメールをうまく使うコツのひとつです。

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ JRANK人気ブログランキング